やさしいバイオテクノロジー

アクセスカウンタ

zoom RSS ナマ食はカラダにいいのか? その1

<<   作成日時 : 2010/06/17 03:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

○遺伝子組換え作物 書籍から ナマ食信仰と進化
 http://yoshibero.at.webry.info/201006/article_21.html
の続きです。
ヒトは簡単に食中毒になってしまいます。
動物が食中毒になることはあまりないように思えるのに。
なぜでしょう?


ナマ食信仰というのがあります。
ローフード(ナマ食)は自然で健康的で安全・安心だと。
あるいは、酵素栄養学といういかがわしい話を持ち出し、
ナマ食なら酵素がたっぷり含まれているので
健康によいとか、長生きできるとか。
牛乳なら、無殺菌が理想で、それが無理なら低温殺菌がベター。
超高温殺菌牛乳などナンセンスの極みとか。

とにかく、ナマならOK。
極端な人になると、ナマ食主義者というのもいるらしい。
菜食主義者を通り越し、野菜であってもナマにこだわる人たちです。

主義主張は自由ですから、
ナマ食主義者がいても別にどうというわけではないのですけど、
それをあおる本が意外と沢山出ているのは、ちょっと考えものです。




ナマ食がよくないのは、いろんな理由で説明できます。

食中毒になりやすい。

カロリー不足に陥る(いわゆる「ダイエット」に利用される)。

単なる栄養不良でやせる。

酵素栄養学の立場の人が言うところの酵素を温存し寿命を延ばす
という効果はなく、
むしろ、エネルギーのムダ使いでしかないこと
(だから、病的にやせることはできる)。

ヒトはナマ食のチンパンジーではない。ヒトとチンパンジーの
解剖学的生理学的な違い、その違いを作った進化的な視点から、
ナマ食はナンセンスだ。

などなど。


それぞれ、検証してみましょう。
参考書籍はランガムの「火の賜物」です。

ランガム著、依田卓巳訳
火の賜物 ヒトは料理で進化した
NTT出版
\2,520
2010年03月31日初版第1刷

火の賜物―ヒトは料理で進化した
エヌティティ出版
リチャード・ランガム

ユーザレビュー:
「料理」をキーワード ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ちなみに、この本、「注」も参考文献も省かず載せてあります。
膨大な数の原著論文もそのまま掲載してあるので、
興味深い内容はすぐに論文に当たれます。
おまけに、便利な索引までついています。




まずは、冒頭の食中毒から。

「火の賜物」では食中毒に関する記述は少ないですが、
「毒」や「解毒」、タンパク質食の中毒などの話題もあります。

ヒトが生肉などの食事に適応したとすれば、肉についたバクテリアが生み出す毒素に抵抗できる証拠が見つかってもいいはずだ。が、あいにくそのような証拠は見つかっていない。たとえ火で肉を焼いても、ヒトはバクテリアの感染には弱い」(p55)

アメリカではサルモネラ菌だけでも年間4万件の食中毒の報告があり、
報告されていないものは100万件と見積もっているらしい。
上位20種類の有害バクテリアによる食中毒は
毎年数千万件に達するらしい。
膨大な数です。

料理説によれば、私たちの祖先は日常的に肉を料理したために、生肉にいるバクテリアに弱いまま進化したということになる

なかなか、おもしろい説です。


ヒトは簡単に食中毒になってしまいます。

免疫力が弱いだの、潔癖症や無菌社会がいけないだの、
いろんなことを言う人がいますけど、
基本的には、ヒトという動物は感染症に弱いのだから仕方がない。
免疫力を上げるためだと称して、寄生虫を意図的に飲み込んで飼っている
某先生の説は、根本的に間違っているかもしれません。

ちなみに、というか、しつこいですけど、
「免疫力」なるモノは免疫学の世界では存在しません。
○免疫力って何だろうか
 http://yoshibero.at.webry.info/200703/article_2.html
○自己免疫力を高めて病気を吹っ飛ばし健康体を維持しよう?!
 http://yoshibero.at.webry.info/200703/article_3.html


ヒトは加熱調理食に適応して進化したわけですから、
ナマ食すれば、食中毒にかかる危険性が増えますし、
けがをした手で調理された食品などを食べるのは最悪です。


先日も百貨店の物産展で食中毒発生のニュースが報じられていました。
日本橋高島屋の宮崎支援物産展で
宮崎牛ブランドのステーキ弁当を買った11人が
吐き気や下痢などの症状を訴えたそうで、
黄色ブドウ球菌が検出されています。

高島屋自身の「お詫びとお知らせ」が残っています。
 http://www.takashimaya.co.jp/about/excuse/100602/index.html
残念ながら詳しい原因は書いてありません。

比較的詳しく報じたのは産経新聞でした。
Web版「6月4日19時22分配信 産経新聞」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000606-san-bus_all
高島屋東京店、宮崎フェアで食中毒11人確認営業停止処分
によると、

原因物質は左手の甲にやけどを負っていたホテル浜荘の調理人が、手袋を外して弁当を作っていたことで、肉や付け合わせに付着し、拡大したという

いやぁ、もうむちゃくちゃです。

日本の食は安心・安全、中国産は危険、とよく言われますけど、
こういう悲惨な現実もあるわけですね。
とてもプロとは思えません。

また、天日干しとかいって、田舎の素朴な自然な風物詩、
とか言いながら紹介される食品でも、HACCPとはほど遠く、
素手で作業されたり、衛生的と思えない道具を使ったり、
黄砂やら鳥の糞やらがかかり放題の食品が
安心・安全というのも考えものです。




それはともかくとして、

2010年06月01日から2週間の朝日新聞を検索しただけでも
上記を含めて17件もの新たな食中毒が報じられています。
毎日のように、というのがウソではありません。
新聞には報じられていないが、保健所には報告された例、
どこにも報告されていない例を含めれば、膨大な数になるでしょう。

食中毒に関する情報は、厚生労働省がまとめた
○食中毒に関する情報
 http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/index.html
が参考になります。
傾向と対策も便利です。

また、公式の統計資料もあります。
 http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/04.html


以下は、今のところ、上記の資料には載っていません。

1. 銀行の社員食堂で40人に下痢や吐き気などの症状。
食堂を3日間営業停止処分。

2. 全寮制の高校でO157集団感染。
全校生徒421人中118人と職員1人に食中毒症状。
17人が入院。
寮の食事が原因か?

3. 飲食店の食事で、28人が下痢や腹痛などの症状。
カンピロバクターが検出。営業停止処分。

4. 鴨料理店の食事で、11ヒトが下痢などの症状。
カンピロバクター菌が検出。営業停止処分。

5. 結婚披露宴で新婦を含む28人が嘔吐や下痢などの症状。
ノロウイルスを検出。原因の厨房を断定、営業停止処分。

6. 焼き肉店で5人が下痢や腹痛などの症状。
牛レバ刺しが原因か?営業停止処分。

7. 「うなぎまつり」で出店の「うなぎおこわ」で5人が吐き気下痢などの症状。
祭り当日の午前2時頃から作り始め8時半頃会場へ。
黄色ブドウ球菌を検出。
和菓子店を営業停止処分。

8. 中学校の「食育の授業」でカツオの刺身を食べた生徒と職員、授業の講師ら30数人が下痢や腹痛などの症状。
カンピロバクターが検出。

9. 焼き肉食べ放題店で20人が下痢や腹痛などの症状。

10. 高校と中学の生徒92人が腹痛などの症状。2人が入院。
O157の食中毒と断定。
「全寮制の高校でO157集団感染」と同系列の学校で、
同じ給食を食べていた。

11. 焼き肉店の食事で2名、腹痛などの症状。
O157の食中毒と診断。営業停止処分。

12. 居酒屋の焼き鳥やささみのたたき、鳥鍋などを会食した5人グループ全員が下痢や嘔吐などの症状。
カンピロバクター菌を検出。営業停止処分。

13. 焼き鳥店で焼き鳥などを食べた4人が腹痛や下痢の症状。1人入院。
営業停止処分。

14. スーパーで買ったソーダカツオの刺身を食べて腹痛や吐き気の症状。
寄生虫のアニサキスを検出。営業停止処分。

15. 病院の給食を食べた入院患者36人が下痢は発熱などの症状。
サルモネラ菌を検出。営業禁止処分。

16. 高校の調理実習で作った親子丼などを食べて49人が下痢や腹痛などの症状。
食材が残っておらず、原因の食材は不明。食べたのは158人。
8人の便から食中毒菌を検出。
衛生指導。


厚労省のページにもあるように、
O157、カンピロバクター、ノロウイルス
といった原因が定番ですね。

そういえば、最近読んだミステリーに
某病原体テロの話が、、、具体的に書くとネタバレになってしまいます。


飲食店での食中毒が多いわけですが、
学校や病院での食中毒も悲惨です。

そして、O157も廃れていないこともわかります。
命を落とすこともあり得るわけですから、
たかが食中毒と軽く見るわけにはいきません。

8. や 16. の食中毒例は、ある意味、教育的な好例かもしれません。
素人の手にかかると、食中毒に簡単にかかってしまうぞ、
と学習できたわけですから。


いずれにしても、たとえ中途半端だったとしても、
調理した食事でも食中毒にあってしまうわけですから、
ナマ食などもってのほかと言うことになります。

ナマ食が当たり前のチンパンジーならイザ知らず、
加熱調理食に適応したのがヒトなんですから、
ナマ食には相当神経を使う必要があります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連リンク集

ナマ食はカラダにいいのか? その1 やさしいバイオテクノロジー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる