やさしいバイオテクノロジー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「酵素 エンザイム」にからんだ健康情報9 番外 32年前の「酵素健康法」

<<   作成日時 : 2007/07/07 03:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

ハウエル本より古く、「酵素健康法」(主婦と生活社)という本が1975年に出版されています。副題は、「効いた!治った!2万5千人の臨床効果」。
著者は漢方健康センターの伊藤修氏で、監修者が第一酵素医学研究所の森田義雄氏です。「酵素研究の中でも、臨床理論面では第一人者」だそうです。
初版は1975年10月10日です。ハウエル本の10年前の出版です。
この本はよく売れたらしく、私の持っている本は、初版発行から15日後の10月25日発行で第31版です。ネットオークションに出品されている品の記述によれば、1976年1月15日発行で91版と書いてありますから、相当売れたようです。
巻末の付録には、「だれも公開しなかった酵素原液を家庭で作る方法 安い費用で、薬効のある伊藤式醸造法」というありがたいプロトコールが載っています。

とにかく、この酵素健康法は万能です。驚くべき効果があります。
ガンを含むありとあらゆる病気が治り、毛がはえ、インポテンスが治り、ヒステリーやノイローゼも治り、ダイエットや美肌にも効果があるそうです。
しかも、一般薬品とは違うので、副作用は全くないそうです。細胞毒性も全くないと言い切っています。
医者がサジを投げた患者でも酵素療法により治ってしまうそうです。
意外なところでは、お酒が飲めない下戸でも酵素原液により飲めるようになり、二日酔いは絶対にないと断言しておられます。

今から30年以上も前の本です。
この本の酵素健康法を実践していれば、ほとんどの病気は簡単に治るはずですし、リアップやバイアグラなどの新薬も開発する必要がなかったはずです。
薬害も起こりえないはずで、保険制度も低負担の理想的な社会が実現するはずです。


ハウエル本とは根本的に違いますので、潜在酵素だの消化酵素・代謝酵素だのといった分類はありません。
とにかく、酵素原液に含まれている酵素が、それを飲むだけで働き、万病に効くのだそうです。

そんな魔法のような酵素原液、是非とも手に入れたいですよね。
ありがたいことに、第5章は「酵素原液は、どう手に入れたらよいか」です。
「買い方、選び方、飲み方、取り扱い方、保存のしかた」が親切に説明されていることになっています。
液状のものが酵素原液だそうで、全国の薬局で手に入れることができるそうです。
ところが、具体的にどんなものなのかは、商品名が書いてありませんので、この章だけを読んでも何を手に入れていいかさっぱりわかりません。
この章にはちょっとおもしろいことが書いてあって、「市販されている酵素の種類と値段」の中に、酵素原液のほかに、入浴剤や洗剤も書いてあります。ほほえましいですね。

 洗剤(洗剤に酵素を添加したもの)
  <利用と効果>血液などのシミのついたものも、酵素のタンパク質
  分解作用によって分解されて、きれいに落ちる。

酵素健康法の酵素とどんな関係があるのかは不明です。


先の章に、市販の酵素原液の手に入れかたがはっきりとは書いてありませんでしたが、本文のところどころに酵素原液の商品名が書いてあります。
その名前を頼りにWeb検索しますと、現在も売られている商品があるようです。
「酵素原液」でぐぐるといくつかヒットします。

市販の酵素原液は非常に高価です。
しかし、ありがたいことに、この本には、「だれも公開しなかった酵素原液を家庭で作る方法」が書いてあります。
市販のものに比べ、酵素の種類が少なくなりますが、効果は十分に期待できるそうです。
では、家庭で酵素原液をどうやって作るのでしょうか。

酵素原液は、基本的には野菜や果物などを原料にして、空気中の微生物を利用して発酵させ、その絞り汁として得られるそうです。
酵素原液の正体は、植物発酵食品のようです。

一番簡単な作り方の植物材料は、にんじん1本、キュウリ2本、もやし1つかみの3種です。
あとは、これらと同重量の砂糖、薬局で市販されている粉末酵素2グラムだそうです。
残念ながら、粉末酵素が具体的になんなのかわからないので作れません。
薬局へ行って、粉末酵素くださいと言えば買えるのかもしれません。
植物材料はとりあえず上記3種類選抜してありますが、他の野菜や果物などを使ってもかまわないそうです。
上記の材料をすべて混ぜて、3日間注意深く発酵させるそうです。
その後、ろ過して、ろ液が酵素原液になります。
注意事項が結構細かく書いてあります。


本書に書いてある酵素に対する基礎的な記述を見てみましょう。

酵素は小さいので目に見えません。
どれほど小さいかというと、オングストローム単位なんだそうです。
本当に小さいですね。
なぜかわかりませんが、原子並みの大きさです。
それが、なんとX線で見えるんだそうです。

酵素は血液の中を流れていたり、細胞の中に入り込んだりするそうです。
酵素のような巨大な分子が細胞膜を通過し、細胞の中に入るんだそうです。
ということは、飲んだ酵素原液中の酵素が、血液中を流れたり、体内の細胞の中にまで入り込んだりするということかもしれません。
植物やバクテリアのタンパク質が飲んだ人の細胞内に入ってくるわけです。
なんか怖い話ですね。
想像するだけで恐ろしくなってきます。

ちょこっと変ですが、それでも、酵素は重要で、酵素なくして生きていけないという例をたくさん説明されています。

体内で働く酵素は確かに重要です。
多くの代謝反応に酵素はかかわっています。
酵素の異常により病気になる例もたくさん見つかっています。

だから、

酵素原液には多種類の酵素が含まれていて、それを飲めばよいという話への飛躍には何ら疑問を抱いておられないようです。


酵素原液は経口摂取します。飲んだ酵素は通常分解されます。

脳卒中で寝たきりになり、脳に血のかたまりがある人に、酵素原液を処方すると、脳卒中が治り血のかたまりも消失するそうです。
これが起こるためには、酵素原液の中の酵素が活性を保ったまま脳に行き、血のかたまりを溶かすなどの効果を発揮する必要があります。
筆者はこれが起こったと考えています。
経口摂取した酵素が血液中を流れるということを考えるような人ですから、何ら違和感なくこの説を受け入れられているのでしょう。

他にもいっぱいおもしろい説が書いてあります。
どのページを開いても突っ込みどころがあります。

たとえば、(p71)糖質は生体を構成している要素ではありません。細胞はタンパク質でできています。
と断言しておられます。
初めて知りました。


この本のウリは、たぶん「24時間酵素絶食」だと思います。
Webで検索すると同じ方法が書かれたサイトがありますので、いまでも有効な方法らしい。
1クールは30日間です。
初日が一番重要で、朝、まず浣腸をして「宿便」を出すんだそうです。そのころからトンデモ用語の宿便があったんですね。
そして、朝、昼、晩と酵素原液だけを摂ります。他の食事は一切摂りません。
つまり、24時間酵素絶食。
2日目以降30日目までのメニューは同じで、朝と寝る前に酵素原液を飲みます。
これだけでは死んでいまいますので、朝、昼、晩と普通の食事をしていいそうです。
とはいっても、その普通の食事にはいろいろと注文をつけています。

なんだか簡単な方法に見えますね。
ただ、酵素原液は高いですから、30日間で結構お金がかかります。
この方法で、多くの病気が治り、健康増進、体質改善など多くの効能が期待できるそうです。

こんな本が、かつてベストセラーになっていたらしい。



「酵素 エンザイム」にからんだ健康情報シリーズ
・01 概要と書籍
・02 酵素栄養学とは何か
・03 通説の分子生物学はどのように説明しているのか
・04 基幹となる酵素から一般の酵素の作られ方
・05 番外『長生きの決め手は「酵素」にあった』を読む
・06 番外「病気にならない生き方」などを読む1
・07 番外「病気にならない生き方」などを読む2
・08 番外 22年前の「酵素栄養学」の誕生した頃
・09 番外 32年前の「酵素健康法」
・10 番外 52年前の「酵素療法」

・ミラクル・エンザイム説とコラーゲン 美容と健康はこれでゲットだ
・世の中にはいろんな酵素があります
・食べたタンパク質はどうなるのか 経口摂取した機能性タンパク質の働き方


やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知る
(サイエンス・アイ新書)
やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知る (サイエンス・アイ新書)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1グラムのヒアルロン酸の力とお肌の土台
ヒアルロン酸はお肌にとても良い働きをすると言われています。保水力や保湿力にすぐれていて、1グラムのヒアルロン酸で、6リットルもの水分を保持することが出来ます。ヒアルロン酸は、お肌の中の真皮というところにあり、コラーゲンが三つ編のようにぐるぐ... ...続きを見る
ふらこら
2007/09/21 09:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連リンク集

「酵素 エンザイム」にからんだ健康情報9 番外 32年前の「酵素健康法」 やさしいバイオテクノロジー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる