テーマ:コラム・酵素

「美味しんぼ鼻血騒動」と、なぜか絡んできた「酵素玄米」

漫画の「美味しんぼ」が話題になっています。 フクイチへちょこっと見学に行くだけで鼻血が出たり、だるくなったり、 しまいには、もう福島には住めないと言い出したり。 マスコミだけでなく、政府や関連する地方自治体もコメント、 抗議しており、喧々諤々。 今回話題になったのは美味しんぼの「福島の真実」という最新の シリーズで、24…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

季刊理科の探検「ニセ科学を斬る!」を読んで

サボっている間にニセ科学関連の検証本はいくつか出ていますけど、そのうち小さな書店では見かけない雑誌を紹介します。 「季刊理科の探検」という中学校の理科の教員などが読む雑誌です。 大学生協の本屋に置いてありました。 季刊ですから年4冊、一応まだ新しい。 「特集 ニセ科学を斬る!」です。 季刊 理科の探検 (RikaTan…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「間違いだらけの食事健康法」を読んで

タイトルがおもしろそうで、酵素健康法にも触れているということで、 買いました。 「全身酵素療法」として、確かに酵素のことが書いてありました。 この本のメインはこの著者オリジナルの進化を取り入れた食事健康法で、狩猟採集時代の食事を考慮した狩猟採集型ダイエット法です。 それ自身も興味深いのですが、今回はカットして、 「『酵素健康法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「酵素栄養学」の巨匠の本を読んで

「酵素栄養学」という奇妙な言葉があります。 名前の通り、酵素が栄養だというわけですが、これを主張する人は 酵素が必須の栄養素、だとしています。 酵素は消費されるもので、足りなければ補う必要がある、 一生の内に作られる酵素は決まっている、尽きると死ぬ、 酵素を節約すれば、健康でいられ、長生きできる、 と言うような話です。 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おまけ付き酵素本 その2

酵素栄養学関係の本にこだわっています。 今回はおまけ付きの酵素本です。 ○おまけ付き酵素本 その1 http://yoshibero.at.webry.info/201305/article_3.html の続きです。 ○蔵書リスト http://www2.biglobe.ne.jp/~ashida/kurekousen…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おまけ付き酵素本 その1

酵素栄養学関連の本はたくさん出版されていますけど、 月刊誌のタイトルを見た限りでは一時の勢いは消えたように思えます。 しかし、レシピ本やダイエット本はまだまだ現役で、出版点数も多い。 そんな中で、今回はおまけの付いた本(レシピ本が主)を紹介します。 ○蔵書リスト http://www2.biglobe.ne.jp/~ash…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「酵素」を話題にした雑誌

「酵素栄養学」が一部で話題になり、ダイエットや美容などに 酵素が「効く」とされています。 その根拠は、現在ではたったひとりの巨匠の「理論」だけなんですが、 相変わらずたくさんの本や雑誌が出ています。 そんな中で、今回は雑誌に登場する「酵素」を紹介します。 ○蔵書リスト http://www2.biglobe.ne.j…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

騙されてはいけない 広告コピーカタログ 酵素編

雑誌「MONOQLO」のおもしろい別冊を紹介します。 別冊MONOQLO 晋遊舎ムック 「騙されてはいけない 広告コピーカタログ」 2013年03月01日発 「酵素」の話が載っています。 ○テーマ「コラム・書評」のブログ記事 http://yoshibero.at.webry.info/theme/ffd59305a8.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりです。 酵素栄養学の巨匠に登場してもらいます。

長いことサボっていました。特別な理由はありません。 書きたいネタはたくさんあったのですけど、、、 何からはじめたらいいのか、ちょっと考えてしまいます。 やっぱり「酵素」ネタが一番おもしろいかな。 まずは、巨匠に登場してもらいましょう。 ○テーマ「コラム・書評」のブログ記事 http://yoshibero.at.web…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その14  スムージーの酵素は安定なのか

あいかわらず酵素本、と言っても最近はほとんどスムージー本が出続けています。タイトルに「酵素」のつく本を集めていますけど、どんどんたまる一方です。 酵素スムージーのおかしさは色々あるわけですが、 1.食中毒の危険性 2.そもそも酵素が含まれていても意味がない 3.万一酵素が有効だとして、ホントに生きた酵素があるの などあります。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その13  新規酵素発見?

酵素が栄養となるというトンデモについていろいろ書いているわけですけど、これには長い歴史があります。 しかし、ここ数年流布しているトンデモ説のほとんどは二大巨匠とその亜流です。 今回、その二大巨匠のうちのお一方の本を紹介します。 内容はあいかわらずなのですが、そのあいかわらずさは過去のエントリーを見てもらえばいいとして、今回はある一…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その12  ナマには注意 浅漬けO157

酵素が栄養になるという人たちは、ナマの食材には生きた酵素があって、その酵素が体内に吸収されて酵素として働いてくれると言っています。 これまでこのブログに書いてきたようにそれはあり得ないことですけど、このナマ食信仰には恐ろしい落とし穴があります。 食中毒の危険性が増すことです。 ○食べた酵素は働いてくれるのか? その11  最強…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その11  最強の酵素

酵素が栄養になるというおかしさをあれこれ書いています。 今年に入ってからもまだまだ人気は衰えていないようで、 おそろしい勢いで「酵素本」が出ています。 テレビを見ていると、女優さんが消化酵素がどうたらこうたらいいながら、野菜や果物のジュースの話をしていました。ありがたい効能の話も被さっていましたから、この話は結構浸透しているようで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その10  酵素パワー 

「酵素パワー」とくれば、年配の人なら「トップ」と返すでしょう。 一風変わった本を紹介します。平成18年改訂版で、ちょっと古い。 「驚異の酵素パワー」 「健康維持はこれだ!!」 「ガン・内蔵病・美容まで幅広いつながり」 このタイトルからどんな本を想像しますか? 普通なら、サプリメント酵素により健康維持が保たれ、 重い病気の予…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その09  多様なタンパク質

酵素栄養学のおかしさ 「その08」で紹介したように、食べた酵素がヒトの代謝を補ってくれるという話が成り立つためには、 食べた酵素が分解されずに形を保っており、 免疫機構をかいくぐって、例えば肝臓まで無事に届ける道があり、 肝臓の細胞の中に入っていき、 もともとあった肝細胞の酵素と同じような働きをする必要があります。 「そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その08  合成されたタンパク質の行方

合成されたタンパク質は働く場所へ移動する 「その07」で述べたように、全てのタンパク質は細胞の中で合成されます。食べたタンパク質や酵素がそのままの構造を保って働くことはなく、人体を構成している10キログラムあまりのタンパク質は細胞がそのつど作っているわけです。 「その05」で述べたように、いらなくなったり古くなったりしたタンパク質は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その07  タンパク質(酵素)合成の基礎

タンパク質、遺伝子、DNA、ゲノム 全てのタンパク質は細胞が作ると述べました。 タンパク質はアミノ酸をつなげていくことで合成されるとも述べました。 ここでは、この合成の仕組みについて少し詳しくみておきます。 ヒトが作るタンパク質の種類は数万種類あります。 いろんな種類あるということは、それだけ形の違うタンパク質があるということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その06  酵素はどこから来たのか、酵素はどこへ行くのか2

ドンデモな酵素の合成と分解 「その05」までの話を踏まえて、ミラクル・エンザイム説や 生きた食物酵素を食べて消化酵素を節約して代謝酵素へ回しましょう、 とかいうホラー話を考えて見て下さい。 ヒトの膵臓から分泌されるタンパク質や脂質や核酸の消化に関わっている酵素群は、1日あたり60グラムぐらいといわれています。 このようにヒ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その05  酵素はどこから来たのか、酵素はどこへ行くのか1

酵素の合成と分解 具体的なタンパク質合成の話は後回しにして、 ここではタンパク質の合成と分解の概要をお話します。 全てのタンパク質は細胞の中で合成されます(後述)。 つまり、全ての酵素も細胞の中で合成されます。 食べたタンパク質がそのまま働くことはなく、 必要なタンパク質はすべて自前で合成しています。 ヒトを構成する化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その04  酵素は何者か?

酵素は何者か? 酵素はどこから来たのか、酵素は何者か、酵素はどこへ行くのか ゴーギャンの絵のタイトルのもじりですけど、 酵素とはそもそもなんなのか、 どこから来たのか、どこへ行くのか、 この基本も話しておく必要があるでしょう。 形ある物が働きを持つと言いました。 その形ある物がどうやって作られるのか、 どんな形なのか、ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その03  形ある物とその働き

ナマの酵素を摂ればよいのか? 酵素は栄養素なのか? とりあえず、二大巨匠に登場してもらいましょう。 ミラクルエンザイムのセンセイです。 ミラクルエンザイムのベストセラー本が文庫化され、読みやすくなった。 どの本も突っ込みどころ満載です。 これは比較的最近出版された本です。 新谷式 病気にならない食べ方の習慣 (予約の取れ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その02  そもそも酵素栄養学とは何なのか

酵素が栄養になるの? その01で紹介したHBRの記事によれば、食品学の専門家などに酵素栄養学について取材すると、即座に否定されたことが書いてあります。 専門家なら、酵素栄養学がいかにバカげているか一瞬で見抜けるわけですが、その見抜いた過程でどんなことが脳内で起こっているのか、それをこれから何度かに分けて述べようと思います。 もちろ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

食べた酵素は働いてくれるのか? その01  「結局どの酵素を食べたら良いのか」との質問にお答えして

質問にお答えして ナマの野菜から酵素を摂れば良いという話は衰えることを知らないようです。スゴイ勢いで書籍が乱造され、「セレブ」層を中心に話が広まっているようです。 おそらく次のエントリーを読んだと思われる方から、 結局どの酵素を摂れば良いのかとの質問をいただきました。 ドリンクも顆粒もたくさん売られていて、どれが良いのかわからな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナマ食はカラダにいいのか? その5

ランガム著「火の賜物 ヒトは料理で進化した」ネタの続きです。 実は、2年程前、この本の感想を書きました。読み返してみると、 中途半端に終わっています。 結論らしいものがありませんので、付け足しておきます。 ○ナマ食はカラダにいいのか? その4  http://yoshibero.at.webry.info/201006/art…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

手作り酵素ダイエット なんと手の常在菌で・・・

2012年04月20日初版第1刷 2012年04月11日第1刷 酵素栄養学についてあれこれ書いています。 酵素が栄養だという人たちがいて、高い酵素サプリを売りつける人もいるわけですが、酵素がタップリ摂れるというレシピ本で儲けている人もいます。 今回登場するのは酵素を「手作り」で作ろう!という本です。「手作り」には二重の意味が含ま…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

酵素がきく! 酵素を食べたりナマの食事をすると何かいいことがある?

2012年02月35日1刷 2011年05月31日初版 2010年06月01日第1版第1刷 酵素が栄養素となり、酵素を食べるとなにかいいことがあるという話に人気があるようで、関連する本がいっぱい出版されたり、その「専門家」を認定する制度ができたり、一般市民を集めてセミナーを行ったりと、人気は衰える気配を見せません。 ここ数年は特…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

酵素サプリメントのお試し版 エンザイムベーシック

新聞広告等で見かける酵素サプリメントの安いお試し版を集めてます。 このブログでは、酵素栄養学という奇妙なおとぎ話を取り上げており、 その流れで、関連商品も買っています。 正規の製品版は高くて手が出ませんので、お試し版が見つかれば、 購入するようにしています。 参考 ○テーマ「商品・酵素」のブログ記事 http://yosh…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

酵素の本 さびないカラダ

とある広島県下では一番品揃えがいいと思われる書店に、 酵素栄養学関連の本のコーナーがあります。 新刊が出れば買い足すようにしています。 今年(2010年)になってからもまだ酵素本は出版されていて、 このブログのネタになりそうな本がたくさんあります。 この本のコーナーで複数の女性が熱心に立ち読みしておられました。 しばらくして…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

健康・栄養食品アドバイザリースタッフの教科書

食品の安全に関連した資格はたくさんあるようです。 たとえば、講演したことがある「健康食品管理士会」とか 「日本フードスペシャリスト協会」とか、、、 少し前ですが、 「健康・栄養食品アドバイザリースタッフ・テキストブック」 という本を買いました。 国立健康・栄養研究所監修の本で、第7版です。 第1版が2003年に出版されてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モノとコト ホメオパシー 高分子化合物の機能

コメントをいただきましたので、単純な考え方のメモを残します。 ○ナマ食はカラダにいいのか? その4  http://yoshibero.at.webry.info/201006/article_35.html 大原則 モノは存在する。 モノにコトが付随する。モノがコトを発する。 モノの形が変わればコトも変わる。 同じモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more