テーマ:コラム・健康

ナマ食はカラダにいいのか? その5

ランガム著「火の賜物 ヒトは料理で進化した」ネタの続きです。 実は、2年程前、この本の感想を書きました。読み返してみると、 中途半端に終わっています。 結論らしいものがありませんので、付け足しておきます。 ○ナマ食はカラダにいいのか? その4  http://yoshibero.at.webry.info/201006/art…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「壮快」2011年09月号を読んで 免疫力で放射能をやっつけろ

3週間程前だと思うのですが、新聞で衝撃的な広告を見つけました。 「壮快」という雑誌の広告で、「免疫」の特集をやっているようで、 タイトルが「免疫」のオンパレードです。 この手の本が好んで使うとと思い込んでいた 「免疫力」 が一つもありません。 これは奇跡なのでは? と思い、早速買ってきました。 とハイテンションのようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「無添加はかえって危ない」を読んで

表題のテーマで、中野、松永、中西、高橋 と聞いて、ははぁん、と来る人はツウですね。 フルネームの 中野栄子、松永和紀、中西準子、高橋久仁子 と聞いて、あぁ、という人もいるのでは。 本書は、この人達の系統のひとつです。 テーマを「無添加」にしぼり、風評被害やリスコミなど わかりやすく解説しあります。 無添加はかえって危…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ソマチッド ソマチット Somatid - その2

ソマチッド説のような支離滅裂な話を説明するとき、 いくつかのパターンがあります。 そのうちの一つに、 著名な研究者やジャーナリストの言葉を誤引用し、 その流れで疑問を呈する、というのがあります。 たとえば、 「癌研究の状況を一言で言えば、かなり多くのことはわかってきたが、 確かな答えはまだ得られていない」 という言葉を引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

免疫力 ナチュラルキラー細胞

「免疫力」という言葉は、 体力とか抵抗力とかいったあいまいな言葉と一緒に使われるらしい。 あるいは、免疫系や免疫応答や生体防御の代わりに使われるらしい。 最近話題の多剤耐性菌を報道する新聞にも、 「がんなどで免疫力が弱った人に感染すると、肺炎や敗血症などの重い症状を起こすことがある」(2010年09月06日の天声人語)とか、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治はADHD/ASだったのか?

おもしろい本を見つけました。 太宰治が注意欠陥・多動性障害とアスペルガー症候群(ADHD/AS)を 併発していたかも、というものです。 確かに常人離れした方であったとは思いますが、 にわかには信じがたいことです。 太宰治ADHD(注意欠陥・多動性障害)説―医師の読み解く「100年の謎」三五館 富永 國比古 ユーザレビュー:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナマ食はカラダにいいのか? その4

ランガム著「火の賜物 ヒトは料理で進化した」ネタの続きです。 ○ナマ食はカラダにいいのか? その3  http://yoshibero.at.webry.info/201006/article_33.html ○ナマ食はカラダにいいのか? その2  http://yoshibero.at.webry.info/201006/ar…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

ナマ食はカラダにいいのか? その3

ランガム著「火の賜物 ヒトは料理で進化した」ネタの続きです。 ○ナマ食はカラダにいいのか? その2  http://yoshibero.at.webry.info/201006/article_30.html ○ナマ食はカラダにいいのか? その1  http://yoshibero.at.webry.info/201006/a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナマ食はカラダにいいのか? その2

「火の賜物 ヒトは料理で進化した」ネタの続きです。 ○ナマ食はカラダにいいのか? その1  http://yoshibero.at.webry.info/201006/article_27.html ○遺伝子組換え作物 書籍から ナマ食信仰と進化  http://yoshibero.at.webry.info/201006/a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナマ食はカラダにいいのか? その1

○遺伝子組換え作物 書籍から ナマ食信仰と進化  http://yoshibero.at.webry.info/201006/article_21.html の続きです。 ヒトは簡単に食中毒になってしまいます。 動物が食中毒になることはあまりないように思えるのに。 なぜでしょう? ナマ食信仰というのがあります。 ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝子組換え作物 書籍から ナマ食信仰と進化

遺伝子組換え関連の感想を書くと言ってから、サボっています。 今回登場するのは、前回予告した本ではなく、別の本です。 途中から脱線します。 帯刀益夫著 われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、  われわれはどこへ行くのか ハヤカワ新書juice \1,470 2010年05月25日初版 われわれはどこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラーゲン 低温殺菌牛乳 「『大学は美味しい!!』フェア」

今日(2010年06月05日)の朝日新聞に 「大学発の味 かがです 研究成果百貨店で販売」の記事が。 「サメ肉コラーゲン」 なんじゃ、こりゃ? 記事によると、新宿高島屋で2日から 「『大学は美味しい!!』フェア」が開催中で、3回目だそうです。  http://www.asahi.com/edu/news/TKY2010060…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子たばこ2点と世界禁煙デー

5月31日は世界禁煙デーです。 ○平成22年度「世界禁煙デー」における取組及び「禁煙週間」の  実施について  http://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/kin-en/10.html  世界禁煙デー 5月31日(月)  禁煙週間   5月31日(月)~6月6日(日)  禁煙週間のテーマ:「女性…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

代替医療のトリック 感染症は実在しない

「代替医療のトリック」(新潮社2010年01月30日刊) 自分の新刊書キーワード検索には引っかからなかったのですが、 よく行く大型本屋さんの医療一般の棚で見つけました。 サイモン・シンの本だし、 目次を見ると鍼、ホメオパシー、カイロプラスティック、ハーブ療法 なんて書いてありますから、即決、購入しました。 代替医療の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2010年元旦の新聞 健康食品の全面広告は?

2010年元旦の新聞の話題です。 毎年、元旦の新聞を買いあさっています。 社説の読み比べもおもしろいのですが、 (毎日新聞だけちょっと気になる) 今年は、全面広告を楽しませてもらいました。 (本題と関係ないけど、中国新聞の日の丸はデカイ!  なんか、安心できますね。朝日新聞は無理としても  産経新聞以外日の丸がないのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菓子そっくりなせっけんを食べて被害が4年で9人だと

食べる・飲むコラーゲンやヒアルロン酸にこだわっています。 また、コラーゲン・ヒアルロン酸を含む化粧品や入浴剤にもこだわり それらをを集めています。 昨日、ネットニューズをみていて、おもしろい記事を見つけました。 ○菓子そっくりなせっけん…食べて被害4年で9人  http://www.yomiuri.co.jp/national…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「やきごめ」自然食品と「コラーゲンと新鮮野菜」健康食品

広島県北部ネタ第3弾(エコひも君、ヨーグルト)。 広島県北部の特産品(らしい)のひとつとして 「やきごめ」というのがあります。 古くからあるらしいが、買ったことも食べたこともなかった。 三次市のスーパーなど、あちこちで売っていたので、買ってみました。 自然食品だそうです。 もうひとつも広島県北部の会社の製品で、 コラーゲン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食品の安心,安全確保推進研究事業のパンフレット モンドセレクションってなに?

前回の続きです。 ○健康食品における「専門家の意見や権威者の臨床経験」の根拠は最低レベル  http://yoshibero.at.webry.info/200907/article_30.html 『独立行政法人 国立健康・栄養研究所』の 『「健康食品」の安全性・有効性情報』の中に 行政機関発行のパンフレット集  http…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

健康食品における「専門家の意見や権威者の臨床経験」の根拠は最低レベル

このブログでは、コラーゲンやヒアルロン酸を摂ることに対し、 あれこれ書いています。 そのほか、酵素、糖鎖、核酸などのも。 ついでに、コレクションもしています。 健康食品の広告には 「黄金パターン」と勝手によんでいる法則があって、 たいてい当てはまります。 ○食品関連のニセ科学における黄金パターン  http://yosh…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

食品関連のニセ科学における黄金パターン

食べ物で「○○を食べると△△によい」、という話がよく出てきます。 この手の話には黄金パターンがあります。 ○○には重要な働きがある ○○は年齢と共に減少する だから ○○を摂取するとよい この○○には、コラーゲン、酵素といったタンパク質系、 糖鎖、ヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコサミンといった糖質系 などいろいろあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラーゲン入りの食べ物・飲み物 いろいろあるね

コラーゲン人気はなかなか衰えない。 肌に塗ったり注入したりというのはあまりおもしろくない。 やっぱり、食べたり飲んだりして、効果があるという話がおもしろい。 コラーゲンもののコレクションも充実してきました。 でも、キチンと整理・分類していないので、一覧とかがない。 思いつくままに取り上げ、ちょっとコメントします。 過去の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビタミンCとアスコルビン酸は異なる物質らしい

郡司和夫著「これを食べてはいけない」(三笠書房・2007年) p26 「酸化防止のために、「V・C」と表示されるビタミンCを添加。ビタミンCといっても、アスコルビン酸というブドウ糖を還元させてつくった化学合成の食品添加物だ。アスコルビン酸はがんを発生させる原因になる活性酸素を多く出すことが指摘されている」 この記述だと、ビタミ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

水道水は毒素入りだ!浄水器を使ってきれいな水を飲もう!それなら風呂は?洗濯は?掃除は?

トルドー著「病気にならない人は知っている」(幻冬舎)を読んでいて、思わずうなってしまいました(ちなみに、この本、「全米900万部突破!記録的ベストセラー」と帯に書いてあります。そういう本です)。そして、考え込んでしまいました。p102にシャワーの有害性が書いてあります。 「一度のシャワーで体内に吸収される毒素の量は、水道水を5~8杯飲…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

食べたタンパク質はどうなるのか 経口摂取した機能性タンパク質の働き方

コラーゲンや生野菜由来の生きた酵素が経口摂取するサプリメントして注目されており、多くの効果を期待する広告が氾濫しています。 コラーゲンや食品由来の酵素は、基本的には経口摂取してもヒトの消化管で分解されるので、あまり効果は期待できないというコラムを以前に書きました。 たとえ分解されずに吸収されたとしても、魚や動物のコラーゲンがヒトに有…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

高価な水 「ナントカ還元水」と活性水素水

活性水素=電解還元水 松岡農水相による「ナントカ還元水」発言から、トンデモ還元水や浄水器が注目されています。 そこで、いま流行りの還元水の中でも活性水素水について調べてみました。 どうやら、巷ではやっている水素水というのには活性水素なるものが溶けているそうで、これが体内にある悪影響を及ぼす活性酸素などを追い出してくれるらしい。 …
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

免疫力って何だろうか

健康をテーマにしたものに、免疫力ということばをよく見かけます。書籍でも健康コーナーに行けば免疫力がタイトルに含まれる本がたくさんあります。Webで免疫力を検索すると、多くの健康サイトに行き着きます。 では、この免疫力っていったい何なのでしょうか? 健康サイトでは、たいていの場合、免疫力をアップすれば健康になる、病気が治る、一番多いの…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

○危険回避 リスク論 環境ホルモン ダイオキシン

[SI新書]やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知るにも同様の記述があります。読んでみてください。 2005年4月には、中学生が防空壕跡地でたき火をし、4人が死亡するという痛ましい事件があった。 例によって防空壕跡地の保全体制が非難されたが、問題は洞窟でたき火をするとどうなるかという常識的なことをしっかりと教…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

○美容と健康 コラーゲン配合サプリメントと化粧品

[SI新書]やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知るにも同様の記述があります。読んでみてください。 コラーゲンやコンドロイチン硫酸を配合したサプリメントがはやっている。 別にコラーゲンでなくても普通のタンパク質とれば良さそうなものである。 なにかカタカナの名前がついていると、いいものに見えるのかもしれない。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

○野菜の生食

[SI新書]やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知るにも同様の記述があります。読んでみてください。 ここ30年ほどのあいだで、ナマで野菜を食べる日本人が増えてきた。 なぜナマで食べるかといえば、そのほうがヘルシーで栄養価があって、とっても健康的だと思っているからであろう。でも本当にそうであろうか。 日本人以…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more