テーマ:コラム・安心安全

中国産の野菜は危険?

以前、「震える牛」の感想を書きました。 ○「震える羊」WOWOWで6月より放送予定 http://yoshibero.at.webry.info/201304/article_2.html その作者さんが書かれた記事(?)がLiveDoor Newsにあります。 古くなってしまいましたけど、これを取り上げます。 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェインと化学物質

世界史を変えたさまざまな化学物質の話です。 もしかしたら、これらの化合物がなかったら、発見が遅れたら、あるいは発見が早かったら、、、等々、歴史にもしもは禁物ですけど、このもしも、を考えてもおもしろい物語です。 スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質中央公論新社 ジェイ・バーレサン Amazonアソシエイト by…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険な「オーガニック野菜」と「デトックス」のトンデモ根拠

2012年04月25日発 いま発売中の週刊新潮(2012年ゴールデンウイーク特大号)におもしろい特集が載っています。 「大人の健康講座 病に倒れる生き方」 粗食や登山など、良いと言われているけど、実は反対に健康に悪いよん、って言う記事です。 その中に、「オーガニック野菜」というのも出てきますので、 これは読まなくっちゃ。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

BSE対策としての全頭検査が復活するかも?

先日、BSE関連のおもしろいメルマガを読みました。 「食の機能と安全についての情報を毎週提供」しているサイトの メルマガで 【FoodScience/News】2009.7.29. Vol.296 に興味深い記事が載っています。 ◆民主党のマニフェストでは、BSE対策の全頭検査に対する国庫補助金が復活 http://biot…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有機野菜信仰 植物は有機物を栄養素にしている?

先日購入したSAPIO7月22日号に 「農業がニッポンを変える」 という特集があります。 その中に 「安全神話 本当は危ない「国産農産物」」 という記事があります(p86)。 有機野菜や国産野菜への警鐘記事です。 偽物有機野菜に対する記事がおもしろく、 痛烈に有機野菜を批判しています。 その根拠は、以前にも紹介した「本…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

アリルイソチオシアネート入りのカーエアコン用消臭抗菌剤

暑くなってきて、自動車のエアコンから悪臭が出てくるようになったので、 ディラーでフィルター交換してもらおうと思って見てもらうと 表題の消臭抗菌剤を奨められました。 わさびデェール 株式会社ヴァレオサーマルシステムズ 主成分:アリルイソチオシアネート(ワサビ成分) 微生物を原因とする不快な匂いに効果があります。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

別冊宝島「無農薬野菜、有機栽培農作物が安全でおいしいは神話にすぎない」の記事

無農薬野菜の害を何度か話題にしています。 この前の講演でも少しお話ししました。 http://www.ffcci.jp/files/8441092261551323.pdf 「美味しんぼ」と「コンシェルジュ」の比較を話題にし、 さらに、 「やさしいバイオテクノロジー」p153の図下半分と 154-155のコラム「天然なら安全…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

「コンシェルジュ」第8巻 野菜戦争 「美味しんぼ」への皮肉?

一ヶ月以上更新をサボっています。 その間、低温殺菌牛乳やコラーゲンなどのコレクション、 おいしいネタなど、いろいろ集まっていて、 さらにリクエストまで戴いていたのですが、 読みたい本がいっぱいありすぎて、更新していませんでした。 ボチボチ書き始めます。 リクエスト戴いた方、すみませんでした。 いつになるか分かりませんが、い…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

農林水産省の動画サイト 「YouTube」と「Yahoo! JAPAN」

ちょこっとメモを。 バイテクコミュニケーションハウス『(社)農林水産先端技術産業振興センター(STAFF)』のメールニュースによると、農林水産省に新しい公式サイトができたとそうです。               「YouTube」 http://jp.youtube.com/maffchannel 「Yahoo! JA…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

話題の蒟蒻ゼリーを食べてみました

先月末日(2008年9月30日)、祖父母宅で食べた冷凍蒟蒻ゼリーが原因で1歳9カ月の男児が死亡するという悲惨な事件が報じられました。 同類の食品による死亡事故は1995年以来、17件目だそうです。 同類の食品は複数のメーカが販売しており、今回死者の出た商品を作っていたマンナンライフ社の製品では1996年と2005年と今回で3件目だそ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

マスコミの遺伝子組換え技術に対する考え方 農水省は業界の味方か?

農水省は業界の味方か?その1 週刊文春10月02日号 p34 『農水省は「ウソつき」ばかり偉くなる』 「BSEで辞任した次官は大使にまでなりました」 「汚染米」が話題になっています。 この話題をネタに、元農水省課長補佐とジャーナリストとの対談が載っています。 その中に、わずかですが、遺伝子組換え作物に関する話題が出てきま…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

「美味しんぼ第101集 食の安全」を読む 有機無農薬栽培

美味しんぼ 第101集 食の安全にかんする話題、第二弾。 第一弾は「「美味しんぼ第101集 食の安全」を読む 有機農法」 http://yoshibero.at.webry.info/200809/article_5.html 第一弾の冒頭、この本をなぜ知ったか忘れたと書きましたが、思い出しました。 平沼直人著 ガイドブック食…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

週刊朝日9月19日号 お菓子に入り込む「遺伝子組み換え作物」を読む

9月9日発売の「週刊朝日」9月19日号に次の記事が載っていました。 チャールズ皇太子もびっくり!? お菓子に入り込む「遺伝子組み換え作物」 相変わらず朝日は遺伝子組換え作物がお嫌いなようです。 「遺伝子組換え作物は危険である」との前提で記事が書いてあります。 3点おもしろいことが書いてありました。 1点目は5%問題、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

農薬栽培野菜・減農薬遺伝子組換え野菜・無農薬栽培野菜・有機栽培野菜 どれを選びますか?

イントロ 絶対的な安全性を求める人の論理 「安心」を得るために「安全の理解」を得る 無農薬野菜・有機野菜は安心・安全と納得? 有機野菜や無農薬野菜はGMOより危険? 植物の生体防御機構の概念 キズストレスで何が起こるか 有機栽培をするという意味 無農薬栽培を続けるという意味 無農薬や有機栽培のリスクはGMOと比べて高い…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

「科学的に考える」ことと「ゲノムの理解」の必要性。BSE問題は「ウソ」で解決?

食の安全・安心 イントロ 「科学的に考える」「ゲノムの理解」とは 情報公開不足ってホント? 「安心」はなぜ必要?どうしたら「安心」が得られる? 「安心」問題は「ウソ」で解決? BSE問題は「ウソ」で解決? 「ウソ」の実態は? 「ウソ」の実態は「お金」 BSE全頭検査の弊害 「ウソ」をいつまでやるのか 食の安全・安…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BSE問題を理解するためのデータ BSE全頭検査継続に意味があるのか

BSE問題を理解するためのデータをまとめました。 これらのデータを見るだけでも、ある程度の「安心」が得られるはずです。 もちろん「安全」面で慎重に検討する必要があります。 すべてのデータはWeb版の「やさしいバイオテクノロジー」にもリンクが張ってあります。   http://www2.biglobe.ne.jp/~ash…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝子組換え飼料不使用鶏卵06 輸入穀物の現状3

グリーンコープの場合 グリーンコープの遺伝子組換え嫌いは年季が入っています。 例えば、遺伝子組換え作物を与えない乳牛の牛乳を販売を開始したとのニュースは1998年04月17日に見られます(朝日新聞)。 この記事では「独自の供給ルートを確保」とあるだけで、どこから飼料を調達したのかわかりません。 同じ年の4月20日の記事では、「特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝子組換え飼料不使用鶏卵05 輸入穀物の現状2

非遺伝子遺伝子飼料をどこから調達しているのか興味があります。 今年になって、非遺伝子組換えトウモロコシが入手困難になり、非遺伝子組換えトウモロコシで育てたとうたった鶏肉などの生産継続が困難になったとして、製造・販売をやめるところも出てきています(例えば、「コープながの」の「げん気鶏」3月5日の生協流通新聞)。 このニュースでは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝子組換え飼料不使用鶏卵04 輸入穀物の現状1

地球温暖化対策という怪物がきっかけと思われる原油やトウモロコシなどの穀物価格の上昇にともない、多くの食品の価格が上がっています 価格の優等生と言われている鶏卵も例外ではないらしい。 日本では、ニワトリのエサはほとんど輸入に頼っていますので、貿易相手国の事情に大きく左右されます。 ニワトリのエサに占めるトウモロコシなどの穀類の割…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

遺伝子組換え飼料不使用鶏卵01 イントロ

遺伝子組換え飼料は使用しておりません! こういうコピーで売られている鶏卵が増えてきたように思えます。 単に注意してみるようになっただけかもしれませんけど。 以前はもっと一部のメーカに限られていたように思えます。 たとえば、山口県の秋川牧園とか。 ここがどんなにこだわているかは、次のマンガを読むとよくわかります。 農林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

構造と機能 モノとコト7 ニセ科学の論理

構造と機能 形と働き モノとコト いろんな現象をモノとコトで考えれば意外とすっきりする、って言うのがこれまでの話でした。 タンパク質はアミノ酸配列によって三次元構造がほぼ決まります。 その構造によって特有の働きが出現します。 生と死も構造と機能で説明できます。 構造と機能は双方向に影響を及ぼしあっていると考えら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「疑似科学入門」(岩波新書)はニセ科学? その3 その後

「疑似科学入門」の書評もどきを書くと、ちょこっと反響がありました。 「疑似科学入門」(岩波新書)はニセ科学? その1 遺伝子組換え 「疑似科学入門」(岩波新書)はニセ科学? その2 BSE 一番おもしろかったのは、この本で疑似科学に入門(弟子入り)できるね、ってヤツ。 そこまで考えていませんでした。 確かに、この本は「そっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「疑似科学入門」(岩波新書)はニセ科学? その2 BSE

岩波新書「疑似科学入門」に対するツッコミ、第二弾。 BSE問題です。 この本の中で展開されているBSEの話題はすべてと言い切っていいくらい「もう牛を食べても安心か」(ブルーバックス文春新書)と「プリオン説はほんとうか?」(ブルーバックス)に依存しています。 ブルーバックス本に書いてあることしか出てきませんし、問題の多いブルーバック…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

農林中央金庫の「食の安全」にかんする調査結果について

農林中央金庫のWebサイトにおもしろいアンケート結果が載っています。 結果のコメントを読むことで、この組織の考え方がわかります。 2008年03月19日付けのニュースリリースの 「~東京近郊の20代の独身男女400人に聞く~ 現代の独身20代の食生活・食の安全への意識」 と題するもので、PDF版で読めます。 「食の安全」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝子組換え技術について14 遺伝子換飼料不使用 この世に存在しない遺伝子組換え作物不使用

低温殺菌牛乳を集めている過程で、グリーンコープのカタログを手に入れる機会がありました。 とってもおもしろいカタログです。 タブロイド判で24ページもあります。 残念ながら組合員ではありませんので見本誌ですが。 とにかく、グリーンコープは徹底して遺伝子組換え技術を嫌っています。 関東地方のパルシステムが「遺伝子組換えでない」表示…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

朝日新聞の記事などにみられる「安全」 ミートホープ詐欺事件より

2007年6月に発覚したミートホープ社の牛肉コロッケ偽装詐欺事件を受けて、2007年7月23日付の朝日新聞などに、日本生活協同組合連合会(以下、生協)の謝罪広告が載りました。  CO・OP牛肉コロッケの原料偽装について(第9報 7/23)  ~本日、全国紙等のお詫びとお知らせを掲載~ ミートホープ偽装詐欺事件における問題の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「食の安全」の大安売り テレビは、いつになったら本当の「食の安全」議論を始めるんだろう

テレビはいつまで食の安全の大安売りをするんだろう。 先ほど、NHK総合の「つながるテレビ@ヒューマン」を見てました。 テーマは「食の安全」。 ミートホープ社の詐欺事件、中国での段ポール混入事件を受けての番組です。 番組の終わりにトレーサビリティのことを紹介した以外、番組のほとんどの時間は「食の安全」とは関係ない内容でした。 …
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

食の安全と安心:素人はなぜ白衣のボタンを留めないのか?ニセ科学を堂々と報じるテレビのニュース番組

映画やドラマを見ていると、白衣のボタンをきちんと留めている人はほとんど見あたりません。 アメリカのドラマを見ても同様なので、その影響なのかどうか知りませんが。 留めない方がかっこいいということなんでしょうか? その意図がちょっと理解できません。動きづらいでしょうに。 機能的じゃないし、いろんな意味で危険だし。 実際にその役どこ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

自然信仰、天然信仰の考え方を学ぶ3 万田発酵の工場見学をして 天然信仰は傲慢か

先のコラムで、天然の酵母による発酵や天然礼賛について書いていて、万田発酵へ工場見学に行ったときのことを思い出しました。 有名な万田酵素を作っている会社です。 万田酵素は50数種の植物、黒砂糖などから、3年3ヶ月以上の年月をかけて発酵・熟成して作った「植物発酵食品」です。 発酵に使う酵母菌などは、空気中に存在する酵母を取り入れて使う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然信仰、天然信仰の考え方を学ぶ2 「ウソが9割健康TV」を読む

三好基晴著「ウソが9割 健康TV その健康食信じてはいけません!」(リヨン社・2007年刊) 例のねつ造事件で打ち切りになった、いわゆる「あるある」などのテレビで放映されている健康番組のウソを暴いた本です。 本書の主題の部分もおもしろいのですが、なんといっても、今回引用する本の著者は「買ってはいけない」の執筆陣のひとりです。 した…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more