やさしいバイオテクノロジー

アクセスカウンタ

zoom RSS 食べた酵素は働いてくれるのか? その01  「結局どの酵素を食べたら良いのか」との質問にお答えして

<<   作成日時 : 2012/06/11 23:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

質問にお答えして
ナマの野菜から酵素を摂れば良いという話は衰えることを知らないようです。スゴイ勢いで書籍が乱造され、「セレブ」層を中心に話が広まっているようです。
おそらく次のエントリーを読んだと思われる方から、
結局どの酵素を摂れば良いのかとの質問をいただきました。
ドリンクも顆粒もたくさん売られていて、どれが良いのかわからない、と。

○ミラクル・エンザイム説とコラーゲン 美容と健康はこれでゲットだ
http://yoshibero.at.webry.info/200702/article_4.html


読み返してみて、確かにわかりにくいかもしれないなと感じました。
タイトルもちょっとまずかったかも。

もともとこの頃(5年前; 2007年)にこの様なエントリーを書きはじめたのは、自分の授業をとってくれている学生向けでした。つまり、読者として理系の大学1年生レベルを想定していました。
つまり、高校生レベルのある程度の知識が前提です。

それ以降のエントリーには、もっと基本から書いているのもありますけど、あちこち書き散らしている状態ですから、まとまって読むのも大変だと思います。

なので、あちこちに書いたことの繰り返しですけど、質問に答える感じで、ちょっとまとめた形の記録を残しておこうと思います。


結論を最初に言ってしまえば
「酵素を摂る」ということに栄養学的意味は見当たりません。
将来的にも食べる酵素の科学的意義は見つけられそうにありません。
なので、どの商品が良いか悪いかということは言えません。
お薦めの商品もありません。
「酵素の機能を期待してドリンクや顆粒を摂る」というのが目的なら、
その目的を達成できる商品は科学的にあり得ない、
というのが結論です。

なんだか回りくどい表現だと思われるかもしれませんけど。
科学的な表現を無視して、扇動的に言うなら、

健康食品の酵素なんか意味がない。摂ってもダメ。お金の無駄遣い。

となります。

質問者には悲しいお知らせになってしまいました。
結論よりなぜそう言えるのかのプロセスが大切です。
テーマを絞って、何度かに分けてアップする予定です。

画像





その本題に入る前にちょっとだけ宣伝を 参考記事の紹介

酵素を摂れば良いという本や雑誌は山ほどあります。
単行本や新書、文庫だけでもこんなにあり、
画像


雑誌となると、毎月のようにどこかの雑誌で取り上げられています。
画像

(この棚には酵素の記事以外の雑誌も含まれています)
(健康食品系のトンデモ記事の雑誌)

しかし、酵素なんか食べても意味ないよ、という本は見当たりません。
コラーゲンが意味ないよ、という話なら結構あちこちに書き散らかされているのですが、なぜか酵素や核酸となると、まとまった話を読むことができません。

そんな中で、雑誌の記事としてなら、いくつかあります。
そのうち、一般の人にも読める記事を紹介します。

最初の記事は、先の一連のミラクル・エンザイムをおちょくって書いた私のエントリーを読んで下さった美容・医療ジャーナリストの海野由利子氏の記事です。
○「酵素 エンザイム」にからんだ健康情報1 概要と書籍
http://yoshibero.at.webry.info/200705/article_3.html
○世の中にはいろんな酵素があります
http://yoshibero.at.webry.info/200703/article_8.html


講談社の「ヘルス&ビューティー・レビュー」という雑誌で、
「欠かせないとは誰でも知っている “酵素”の謎」
というタイトルです。
2010年7月号です。
(次の写真の左。右は後で出てきます)
(酵素栄養学関連の記事が載っているのはこの2冊です)
画像


○HBR公式サイト
http://www.hbrweb.jp/

残念ながら掲載されている雑誌は会員制です。
一般の書店では売っていません。
しかし、幸いなことに、年末に一般の書店で買えるダイジェスト号が出ていて、その中に同じ記事が収録されています。
これだと、アマゾンからでも購入できます。

何歳からでも美しくなる 快適生活ブック (講談社MOOK)
講談社
2010-11-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 何歳からでも美しくなる 快適生活ブック (講談社MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


業界からトンデモなクレームが来ないか心配しましたので、
おとなしい内容だと思いますが、かなりの力作です。


今年(2012年)の記事だと、2月号に、
天野より子氏による「ロージュース」の記事で
「酵素栄養学」が話題になっています。
画像


さらに3月号には「ローフードダイエット」として、
ナマ食(ローフード)や「酵素を摂る」ことの無意味さが書かれています。
誌上で公開ダイエットを実践中の若尾淳子氏による力作です。
いろんな角度から「ローフード」が切り込んであります。
酵素食やローフードを実践している人はショックかも。

これらも会員でないと読めないわけですが、
幸い、無料の見本誌を請求することができます。

○無料会員誌見本
http://www.hbrweb.jp/about/sample.html

ちなみに、この試読誌のことを知ったのは新聞の広告です。
広島だと5月23日と6月9日の朝日新聞に載っていました。
同様の広告が、以前から何度も載っています。

画像

(この2冊で、一般の人でも酵素栄養学の批判記事が読めます)

その広告によると、

「ダイエット法としても話題の酵素健康法に科学的根拠がない
というのにはびっくり!」

といった「声」が載っています。

無料会員誌を取り寄せてみますと、

若尾氏の「ローフードダイエット」の記事が載っています。
ちなみに、天野氏の「ゲルマニウムローラー」の記事も載っています。
酵素とは関係ありませんけど。

もし酵素を試そうかなとお思いなら、
その前にこの二つの記事は是非とも読んで欲しいものです。

たぶん見本誌は1種類だけだと思います。
もし複数あるのなら、すみません。


酵素関連のエントリーは、次のリンクにまとめてあります。
興味のある方はどうぞ。

○テーマ「コラム・酵素」のブログ記事
http://yoshibero.at.webry.info/theme/a2710f5053.html
○テーマ「商品・酵素」のブログ記事
http://yoshibero.at.webry.info/theme/6536c2af12.html



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

関連リンク集

食べた酵素は働いてくれるのか? その01  「結局どの酵素を食べたら良いのか」との質問にお答えして やさしいバイオテクノロジー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる