やさしいバイオテクノロジー

アクセスカウンタ

zoom RSS 核酸のおばあさんは94歳

<<   作成日時 : 2012/04/01 00:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりの更新です。
いろいろあって、しばらく更新をサボっていましたが、
書きたい話題や商品など一杯ため込んでしまいましたので、
ぼちぼち書いていこうと思います。
サボっている間、一番の衝撃は、「94歳」です。
以前、新聞に載る全面広告をネタに次の記事を書きました。
○新聞広告に登場する健康食品のモデルさんはサザエさん方式らしい
http://yoshibero.at.webry.info/200905/article_16.html
(どこかにリンクされているらしく、コンスタントに「気持玉」が増えている)
とある健康食品の広告で、87歳の方が登場します。
毎月コンスタントに載る広告で、
2007年10月18日から取ってあり、58枚になりました。
画像

同じ広告の中で平均寿命のデータは更新されるのですけど、
この方は更新されず、
いつまで経っても87歳の若々しいお写真のママです。
取材当時がそうだったんだからまあ良いとしても、
少なくとも5年近く同じお写真と内容でした。
この健康商品のお陰で頭脳明晰、シャキッとしているという内容です。

で、なんだかなぁ、というブログを3年前に書いたわけですが、
2012年03月05日の広告で、なんと94歳に更新されて、

おおぉ!

と驚いたわけです。

しかし、お写真は同じで、
「撮影2004年」のキャプションが追加されています。
同じ広告に途中から「82歳」の方も登場するわけですが、
この方も「撮影2008年」と追加されています。

同じような指摘をする人がいるのか、
私のブログが関係しているのかわかりませんが、
このような変化があることは、なかなか楽しいものです。

わたしはこの広告を集めたのは2007年からでしたが、
この広告自身は2004年からあったらしいことがわかりました。
その時に87歳だったわけで、2012年の今、94歳になっておられます。

画像


2月までの広告によると、
八七歳になっても自分らしくシッカリと考えて毎日を過ごしている方がいる

5月からの広告によると、
九四歳になっても自分らしくシッカリと考えて毎日を過ごしている方がいる

となっていて、大きな見出しが「87歳」から「94歳」になっているだけです。
つまり、年齢を書き換えただけで、記事内容は全く同じです。

どうなんでしょう。
取材当時はこの商品のおかげでカクシャクだったのはわかるのですけど、94歳になって、もう一度検査されたのでしょうか?

というのも、この方、「認識力年齢計」というので測ってみると三十代の記録を出すというスーパーおばあさんなわけですが、そのことを紹介する記事内容は全く同じです。

87歳の時に測っただけなのに、94歳でも同じことにして書いているのなら、なんだかなぁとなってしまいますが、94歳の今年、もう一度測ってみたら同じように三十代という結果が出たんだと、好意的に解釈すれば良いんでしょうか?

せっかく体験記を書くのなら、というか、この手の商品の「効能」を科学的に記述するのは不可能なので「体験記」だけが頼りでしょうから、もうちょっと「体験記」を充実させても良いような気がします。
いつから飲み始めていて、毎日どのくらい飲んでいて、どんな変化があるのか、きちんと追跡した方が良いような気がします。
そうすれば、それなりに説得力が増すのではないかと。
いきなり94歳の人が30代の脳だといわれても、ちょっとなぁ。




もっとも、有効成分だとする「核酸」が「効く」とは思えませんけどね。
核酸が栄養素だとする説を唱えているのはごく一部の「研究者」だけです。
いろんな核酸本が出ています。
画像


これ以外にも、雑誌サイズの本もあります。
でも、酵素やコラーゲン、ヒアルロン酸、グルコサミンなんかみたいにメジャーはなりきれていないようです。
どこか地味なんでしょうね。

酵素も地味なイメージがありますけど、なぜかブレイクしています。

核酸、もっとがんばれ!!




健康食品としての「核酸」のおもしろさは次のリンクへ。
○テーマ「コラム・核酸」のブログ記事
http://yoshibero.at.webry.info/theme/b61993aa3f.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

関連リンク集

核酸のおばあさんは94歳 やさしいバイオテクノロジー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる