やさしいバイオテクノロジー

アクセスカウンタ

zoom RSS 生体エネルギー 何でもありのすばらしいエネルギーらしい

<<   作成日時 : 2011/01/09 00:11   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりにリアルブックオフへ。
たまたま文字の単行本500円のキャンペーンをやっていたので、
ビビッときた本を購入。
(ポイントカードが昨年9月から使えなくなっているのを知らなかった
それほど久しぶりの買い物)




2009年11月発行なので、少し古い本です。
日本の家造りをダメにした元凶はなにか?
それがタイトルの通りだという本です。

派手なコマーシャルをしても
なぜハウスメーカーは儲けることができるのか、
「リフォーム」はなぜ必要なのか、
ヨーロッパと比較しながら、日本の住宅がなぜダメなのか
住宅ローンの欠陥は、などなど、
それなりの理由か書いてあって、それなりに説得力もありそうで、
それなりに楽しめます。
ハウスメーカーを攻撃するわけですから、
当然、著者は工務店側です。


ところが、途中からアヤしくなり、
最後には完全に壊れてしまいます。




健康食品で良くあるパターンが見られます。

健康食品なら効能を宣伝することができませんから、
利用者の声、として、いかに優れているかを宣伝します。
そして、おきまりの連絡先、会員募集などなど。

同じことがこの本でも出てきます。

このパターンもスゴイのですけど、もっとスゴイのが
トンデモ用語。

健康食品では、この業界でしか通用しない
科学的であることを装うあやしい用語の数々が登場します。
それなりの雰囲気は出ますから、煙に巻くのは朝飯前。
いろんなドンデモ用語を駆使して、わけワカラン説明が延々と。

この本にもおもしろい用語が登場します。

生体エネルギー」。

ニセ科学をウォッチしていて、
農業関係の分野で読んだことがありましたけど、
建築分野にまで進出していたとは。
トホホ。

魔法の家」があるそうで、
それが「ある科学技術を用いた家造り」で実現するらしく
その正体が

生体エネルギー

もう何でもありです。

どんな「魔法の家」かというと、、、


家の中で犬を飼っているのに犬のニオイがしない
冷蔵庫などの静電気を出す家電製品の裏にホコリがひとつもない
キッチンや脱衣場の水回りに一切カビが発生しない
ラジコンルームでシンナーやガソリンを使うのにそのニオイが全くしない
2年経っても外壁に汚れが一切ない
雨だれが全くない。クラックも全くない
家中のガラスもすべてキレイ

(赤字は引用者)



こんな家を見て、著者は驚愕します。
これまでの経験では全く考えられない家が、そこには建っていました。

確かにスゴイ家ですね。
しかもそれほど高いわけではなさそう。
お金をかけずにこんな「魔法の家」が作れるのなら、
それはそれでスゴイ。

その家造りの秘密が

生体エネルギー




では、いったい生体エネルギーって何なのか。
家造りのどこに使っているのか。どうやって使うのか。
気になりますね。

ところが、

単によくわかってないだけなのか?
それもと、スゴイ秘密なのでわざとぼかしているのか?

その説明は至ってシンプルで、
しかし(期待通り)、意味不明で理解不能です。


p194より
すべての物質は原子と原子がくっついて形成されています。
例えば水の場合、水素原子が二つと酸素原子が一つで成り立っていて、
それが無数に集まることで一滴の水になるのです。

このように
物質を形成する原子同士がくっつくときにかかわるエネルギーに
着目したのが、生体エネルギーと呼ばれるものです。
このエネルギーを応用することで、さまざまな分野で、
これまでも常識を覆すような発見があり、効果が現れてきたのです。


何のことかわかりませんね。

未知のエネルギーなんだからわからなくていいのかも知れませんけど、
既知のエネルギーとの関連ぐらい説明して欲しい。
「着目」しただけで何もやってないの?

家電製品、生活用品、食料品加工、衣料または医療業界など
で活用されているそうです。

「衣料または医療業界」というくくり方がヘンですけど、
衣料ではなく医療の誤変換?

人のことが言えないので、細かい突っ込みはいいとして、
よくわからないハッタリもあります。

レコード大賞を受賞したあの国民的人気グループも、アルバムレコーディングの際に、生体エネルギーを使用した機材でレコーディングをしてる程です。

誰だろう?三連覇のグループ?

ホルもアルデヒドの害も消えるらしい。
他の揮発性有機化合物にも効果があるらしい。

生体エネルギーで加工された容器に水を入れ、そのなかに数ヶ月間、
鉄を入れておいてもさびません。


なんだかなぁ。

その後、延々と生体エネルギーがいかにすばらしいかの説明が
「科学」を装って説明されています。
もちろん、科学的な説明は一切ありません。

トピックスだけ引用するのでも大変なくらい、
これはこれはすばらしい効果のオンパレード。

「水からの伝言」を彷彿させる、すばらしいお話です。

生体エネルギー水」というのがあるらしく、
それで基礎のコンクリートをつくり、
外壁、部屋や天井の塗り壁に使うそうです。
ただし、大元の「生体エネルギー水」というのがどんなものなのか
どうやって作っているのか、
基本的なことが一切書いてありませんので、
どんなものかさっぱりわかりません。


空気は大切だ、空気汚染は大変だ、という話も書いてあり、
生体エネルギー水でつくった家にいるとその心配がないそうですけど、
一般の空気汚染が進んでいる根拠として、
明治時代より酸素濃度が4%も減少していると書いてあります。

この手のホラー話、都市伝説が随所に見られます。


生体エネルギーで生成された水を、家の基礎や壁に入れるだけで、
発生するVOCを、マイナスからプラスに変えてしまい、
酸化を防ぐのです。
これは、そのエネルギーが建物内の空気を変えるからです。

(ちなみに、VOCは揮発性有機化合物のことだそうで、
 ホルもアルデヒド、トルエン、エチルベンゼン、キシレン、
 スチレン、パラジクロロベンゼン、テトラデカンなどだそうです)

この文章を化学的にきちんと解説できたら天才ですね。




「生体エネルギー」を使った「魔法の家」の効果、続き。

夏涼しく、冬暖かい。梅雨時でもカラっとしている。
窓を閉めると、雨の音に気がつかないほど静か。
駐車場のコンクリートがひび割れない。
食べ物が、長持ちするようになる。
木のにおいが心地よい。
家の横に駐車してある車が、汚れない。

ホラー話ではありません。真面目ですので、そこんとこよろしく。




この本の最後にも書いてある「住環境想造研究会」の

○生体エネルギーの住まい
 http://jukankyo-web.jp/house

を見れば、十分この雰囲気を楽しむことができます。




ブックオフに売っていたのは 2010年07月27日第5刷。
そのp206に、
この研究会のリストが巻末にあるように書いてあるのですが、
残念ながらそのリストがありません。

この研究会に入会するのに厳しい審査があるらしく、
著者は「僅か5年で、700社の工務店リーダー」(帯)なのですが、
そのうち50社しか合格しなかったそうですので、結構厳しい。

この会に入会すると、その工務店が建てる家は、
全棟、生体エネルギーを使用しなければいけません。例え予算が合わなくとも、生体エネルギー住宅を建てなければいけません
ということですから、とても健康的ですばらしい家が建ちます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連リンク集

生体エネルギー 何でもありのすばらしいエネルギーらしい やさしいバイオテクノロジー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる