やさしいバイオテクノロジー

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「感染列島」 宿主は「やどぬし」

<<   作成日時 : 2009/02/01 01:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「感染列島」という映画を見てきました。
映画館で見た映画のなかで、一番客の入りが良かったような
気がします。
通常、原作やノベライズされた本があれば
読んでから映画を見るので、
今回も文庫本のノベライズ版を読んでから映画を見ました。
ノベライズ版を読んでいたので、ある程度予想できましたが、
やっぱりなぁ、という内容でした。
細かいところだけど、どうも気になるところが多すぎて、
さめてしまいました。
感染列島―映画ノベライズ版 (小学館文庫)
小学館
涌井 学

ユーザレビュー:
原作として…世界レベ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


全編集中してみたわけではなく、
途中、意識が飛んでいるところがあるので、
勘違いもあると思いますが、

以下ネタバレです。





相変わらず医師が白衣のボタンを留めていない。
メインの病院だけでなく、南の島の病院の医師まで、徹底している。
そこまで徹底していれば、まあいいか。

食の安全と安心:素人はなぜ白衣のボタンを留めないのか?ニセ科学を堂々と報じるテレビのニュース番組


心臓マッサージできてる?
心臓マッサージのシーンが結構ある。
でも、肩を上下させているだけ。
リアリティを持たせるため、顔を写さずに人形相手に
本格的な心臓マッサージすればよかったかも。


荒廃した町並み?・人の心?
こういう映画でよくあるシーンで、ゴミだらけの荒廃した道路や町並みが映し出される。
スーパーでの略奪行為もある。
日本で、本当にこんな風になるんかなぁ。
阪神・淡路大震災の時、人々は整然としていました。
電車の高架のレールがひん曲がって、
家やマンションがが倒壊していても、
映画のようなシーンはなかった。
未曾有の災害だったのに。
地震とパンデミックでは違うかもしれませんが、
アメリカ映画のモノマネとしか思えないようなシーンを日本映画に取り込んで、リアリティがあるのだろうか。


緊張感なさすぎ
それこそ未曾有の事態なのに、映画全体に危機感や緊張感が感じられませんでした。
なんかのんびりしている。
感染「列島」と言う割には、列島で流行しているように感じられない。
ときおり、主現場以外の地方が映ったり、
日本地図がチラッと映ったりする程度で、
4千万人も感染した割には、なんかのんびりしている。

そもそも、なんで日本だけで大流行したのかもわからない。
日本にウイルスを持ち込んだ人の交通手段は何だったのだろう?
正月に往復するとき、国連に加盟していないような国へ
どうやって行き来したのだろう?
途中で、外国人会ったり第三国に立ち寄ったりしなかったのかなぁ?

飛沫感染の設定じゃなかったのかなぁ。

そもそも、感染防止が不完全すぎ。
隔離病棟のハズなのに、中学生の男の子、簡単に入れそうだった。
主演がなぜ最後まで感染しないのかも不思議。
未知のウイルス病といっている割には、あまりにも無防備すぎ。
ウイルスを見つけた研究室は「レベル4」なの?

高感染地帯でバックからマスクとゴーグルを取り出し、
再利用していた(と思う)。
あまり意味ないのでは?
いっぱい持っていって、使い捨てにしていたのかな?

世間には、汚染した手袋を使い捨てにせずに再利用する人もいるくらいだから、まぁいいのか。


KYなの?宿主の読み方
かつてエビの養殖場があった島で、ウイルス学が専門の大学教授。
せっかく専門家がうんちく?ある台詞を言おうとしているのに、
「やどぬし」ではねぇ。

脱力しました。

少なくとも2回聞きました。
もっと言っていたかも。
コウモリを見つけて笑っていたときは、どうだっかなぁ。
ノベライズ版見ると、しっかり「しゅくしゅ」とルビが振ってある。

理学部でも「やどぬし」と読む人がいるので勘違いする人はいるにいるのでしょうが
監修した慶応大学は「やどぬし」派なのかなぁ。

「やどぬし」を使う国立機関もある。
下の写真は上野の国立科学博物館で2007年3月に撮ったもの。
あまりにもおもしろすぎたので、警備員に撮影可か聞いてから、
記念撮影しました。
画像

(画像をクリックすると拡大します)
「人類の進化」のパネルでもおもしろい記述に出会えます。
「勉強」になる博物館です。

解剖の先生は「頭蓋骨」を「とうがいこつ」というし、
「口腔」は「こうくう」だし。
あまり気にしなくてもいいのかもしれませんが、
やっぱりリアリティを優先して欲しかった。
まぁ、映画の台詞で「しゅくしゅ」では、
このおっさん何言ってるんだろう?
ってことになるかもしれませんけど。

科学用語は意味も大切ですが読みも大切です。


パンデミックものとしては、最近読んだ
北上秋彦著「死霊列車」(角川ホラー文庫)
のほうがよっぽどおもしろい。
ホラーに徹しているし、
鉄道オタクだし、
ヘンに医学的になろうとしていないし。
ただ、映画の「バイオハザードIII」みたいに、
かまれると感染してゾンビになる
という設定はちょっと安易かも。
死霊列車 (角川ホラー文庫)
角川グループパブリッシング
北上 秋彦

ユーザレビュー:
日本を舞台にしたゾン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




それより、ワクチンってそんなに万能?
ワクチンで治療できるの?


ふしぎだなぁ。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
感染列島―映画ノベライズ版 (小学館文庫)
感染列島―映画ノベライズ版 (小学館文庫) ...続きを見る
忍者大好きいななさむ書房
2009/05/09 23:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連リンク集

映画「感染列島」 宿主は「やどぬし」 やさしいバイオテクノロジー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる