やさしいバイオテクノロジー

アクセスカウンタ

zoom RSS 天然と人工 トリプトファン事件は永久に不滅です!?

<<   作成日時 : 2008/11/15 01:42   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1



郡司和夫著
日本人の“命”を縮める「食」
みんな気づいていない「食べもの」の危機
三笠書房
\1,470
2008年10月20日第1刷
初版
最後の話題になって、著者が疲れてきたからか、ちょっと気になることが書いてあります。
ラーメンに使われている「かんすい」の話題のところで、天然と人工の話が書いてあります。
中国4000年の歴史のある天然物と石油から合成した炭酸カリウムや炭酸ナトリウムは違うと。

近年、天然由来のものと化学式構造さえ同じなら安全性も同じであるという考えが強くなっている」(p228)

化学式構造」って変、というツッコミはともかくとして、
べつに、「近年」でなくても通用する考え方ですけどね。
これはむしろ、「近年、天然信仰が強くなってきている」だけでは?
人工側の反論が強くなったのではなく、行きすぎた天然信仰が問題なのでは?


それはともかくとして、次のように続きます。

化学合成されたものは、思いがけない副生成物ができたり、不純物が混じったりすることがあり、それは製造者ですら予測不可能なのである」(p228)

とくると、嫌な予感が、、、その予感は当たります。

伝家の宝刀、トリプトファンの登場です。


天然と人工は化学的構造が同じでも異なる
なぜなら化学合成には副生成物ができるし、不純物が混じる
その不純物に思わぬ落とし穴がある


ということがいいたいのだと思います。
この論理に、天然物にも目的の物質以外にそれこそ化学合成品以上に他種類の不純物が含まれているということは無視されます。
なぜなら、天然物に悪いものはない!!

それはともかくとして、先ほどの論理が正しいことの科学的な証拠として、トリプトファン事件と遺伝子組換え技術が紹介されます。


例えばアミノ酸のひとつL-トリプトファンが、バイオ技術を使って製造され、清涼飲料水やアミノ酸ドリンク類などの健康食品に添加されている

例のあの話です。
アメリカでこの健康飲料を飲んだ37人が死亡という事件を紹介してます。そして、、


いまだはっきりとした原因は解明されていない

といいながらも次のように話が進みます。


製造過程でなんらかの副生成物が発生したというのが有力な説とされている

確かに以前、このように言う人たちがいました。
でも、この事件、もうとっくに解決しています。
何で未だにこんな話が生きているんだろう?

「中毒百科」や「健康食品 中毒百科」(丸善)に
相当詳しく一次文献を引用しながら、ことの顛末が解説してあります。
このブログでも紹介しました。
「トリプトファン事件はまだ有効なのでしょうか」
http://yoshibero.at.webry.info/200703/article_7.html




作今の遺伝子組み換え作物にしても、在来のものと分子構造は同じだから、安全性も保証されていると言われている

おいおい、誰がそんな論理で安全性の保証しているんだ?
なんの分子構造を比較するの?


タンパク質を構成するアミノ酸の配列を見ると、実は在来種とは微妙に配列が違っている。とんでもないアレルギーをおこすようなタンパク質が生み出される可能性も否定できないのだ

すごい論理ですね。
で、そのタンパク質とやらは、具体的になんなの?
「可能性も否定できない」のは科学なんだからそんなの当たり前というツッコミはともかくとして、
そもそも、くだんのタンパク質はどこからわいてきたの?
遺伝子組換え技術とどう関係あるの?
さっぱりわかりませんね。


そして次の締めです。

「“かんすい”の化学式構造が中国4000年前から使用されている天然物と同じだから安全性も同じなどというのは、きわめて非科学的なことなのだ

いやぁ、この論理こそ「きわめて非科学的」だと思うんですけど。
「きわめて非科学的なことなのだ」と決めつけた論理がトリプトファン事件と遺伝子組換え技術におけるアレルギータンパク質の話でしょ?

著者がいいたかったのは

天然と人工は違う
人工には副生成物・不純物がある

その科学的な証明ではなかったの?

紹介されたような話題で、「きわめて非科学的なことなのだ」といわれてもねぇ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました! ルイヴィトン 店舗 http://www.louisvuittons.info/
ルイヴィトン 店舗
2013/07/05 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連リンク集

天然と人工 トリプトファン事件は永久に不滅です!? やさしいバイオテクノロジー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる