やさしいバイオテクノロジー

アクセスカウンタ

zoom RSS 100%や0%は科学的でないし現実的でもない

<<   作成日時 : 2007/03/04 14:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

調査会社のインフォプラントが定期的におこなっているアンケート調査のなかに、遺伝子組換え食品関連のものがいくつかあります。調査対象は20歳以上の女性1000人。
2005年7月と2006年12月の結果を見ると、

「遺伝子組み換え原料は使っていません」といった表示があっても、5%までなら
遺伝子組み換え原料が含まれていても良いことになっているということを、あなたは知っていましたか?


に対し、いずれも95%の人が「知らなかった」に回答しています。2回の調査で結果に変化がないことから、情報の周知も悪いようです。
5%の「知っていた」に回答した人は、どの程度知っていたのか調査結果からではわかりません。

「遺伝子組み換え原料は使っていません」といった表示があっても「0%(まったく含まれていない)」という意味ではないことについて、あなたは消費者として嘘をつかれていると感じますか?

にも95%の人が「感じる」「どちらかといえば感じる」と回答しています。
ネット上のブログにも、けしからん、嘘つき、騙された、などなど、さんざんこきおろされています。知らない間に危険なものを食べていたことになる、どうしてくれんかぁ、とか。表示を見て安心して食べていたのに何を信じていいかわからないとか。

そもそも「組換え」でなく、なぜ「組み換え」なのかというツッコミはともかくとして、いろいろ考えさせられる結果です。

まずは、表示制度について。
騙された、と言うからには騙した人がいるはずです。
この場合、騙したのは誰になるのでしょうか?

法律で決められている遺伝子組換え関連の義務表示は、「使用」と「不分別」だけで、「不使用」表示は任意です。
よく見かける「遺伝子組換えダイズは使用しておりません」とか「北海道産ダイズ100%使用」とかの表示は任意で、表示したいメーカだけが表示すればいいことになっています。
したがって、法的に義務がないのに書いている表示に対して、多くの人が騙されたとか、けしからんとか怒っていることになります。
こんな制度にしたのが悪いという意見もありますけど。

そもそもここまでの話は、遺伝子組換え食品は危険なものだとの前提ですので、それが変だというのは他で書いていますから、ここでは触れません。
遺伝子組換え食品が危険だと思っている人にとっては、5%の混入は相当大きな数字で、驚異なのでしょう。おそらく0.1%の混入でもけしからんというのではないでしょうか。


次に、100%か0%かについて。
そもそも、100%遺伝子組換えでない、とか、100%遺伝子組換えというのは現実にありえません。
遺伝子組換えダイズ使用の表示のある商品は、今のところA-HITBioの「納豆のススメ」しか知りませんが、これには「遺伝子組換えダイズ95%使用」と書いてあります。100%使用ではありません。100%使用と書いてしまいますと、ウソになってしまいます。

なぜ多くの人は100%か0%でないと気が済まないんでしょうか?
現実にあり得ないのがわかっていながら、なぜそれがあり得ると思ってしまうのでしょうか。

100%北海道産ダイズが本当だとしても(あり得ないでしょうが)、そのタネの多くは輸入品です。トウモロコシでも、日本で栽培されているトウモロコシは1%にほど遠い数字で、この僅かに栽培されているトウモロコシのタネも99%以上輸入品です。
遺伝子組換えのタネと遺伝子組換えでないタネを100%の精度で分離することなど現実に不可能です。
現実に、北海道で輸入種子を栽培したなかに、遺伝子組換えトウモロコシが見つかっています。これは充分あり得ることで、北海道は一粒たりとも遺伝子組換え作物を栽培させないと条例まで作って頑張っていますが、現実には相当数栽培されているはずです。



安全性の議論をするときも、100%の安全を要求する人がいます。あるいは、危険性が0.1%でも残っているうちは実用化するべきでないという人もいます。学生のレポートにもそういう意見をよく見かけます。
小学生の自由研究程度なら、それでもいい点がもらえるのかも知れません。

この完璧主義、本人はいいことを言っているつもりかも知れませんが、全くの現実離れした考え方です。

100%の安全性があり得ないのだから、いい加減でいいと言っているのではありません。可能な限り安全対策はとるべきでしょうし、また研究すべきでしょう。でもそれには限界があることを知るべきですし、またコストなど多くの経済的、社会的問題にも配慮して妥協点を見つけることも必要でしょう。安全対策への優先順位をつけるのも重要なことです。

やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知る
やさしいバイオテクノロジー 血液型や遺伝子組換え食品の真実を知る (サイエンス・アイ新書)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連リンク集

100%や0%は科学的でないし現実的でもない やさしいバイオテクノロジー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる